2・3月号

青色申告会の会歌を歌おう[2018年2・3月号]

青色申告会の会歌をご存知ですか? 青色申告制度創設25周年を記念して制作、昭和50年10月2日に文京公会堂で開催した記念式典で披露されました。
平成29年11月14日、(一社)玉川青色申告会女性部が企画した「音楽療法で歌う会」において、25周年記念式典で会歌を披露した歌手、三鷹淳氏が会歌を歌唱しました。当日は、歌い方のコツや発声の指導をはじめ、ハミングや呼吸法による音楽療法、音楽用語の解説など、参加型の楽しいイベントになりました。
式典から42年を経て、豊かな声量を披露した三鷹氏は、「会歌を歌うポイントは、行進曲のように歯切れよく跳ねるように歌うこと。青色申告会の会歌は一流の作曲家、作詞家による格調高く色あせることのない曲。今後も明るく響くように歌ってほしい」とコメントしました。

三鷹 淳(みたか じゅん)氏プロフィール

昭和9年1月7日生まれ。山口県宇部市出身。国立音楽大学声楽科卒。日本コロムビア専属歌手として「霧よ雲よ峰よ」「思い出のスカイライン」「竹馬の友」「巨人軍の歌・闘魂こめて」「ウルトラマンタロウ」など楽曲多数。ボイストレーナーとして多くの歌手を育成。
本誌のホームページに三鷹氏によりレコーディングされた青色申告会会歌の音源を掲載します(URL、パスワードは3ページ下部に記載)。ぜひ、会歌を歌ってみてください。

青色申告会会歌

藤間哲郎 作詞
古関裕而 作曲

一、明るく集(つど)う 青色(あおいろ)の
  われらに栄(さかえ)えと 夢がある
  税務の民主化、進めつつ
  真ごころこめる 申告に
  正しく強い 道しるべ
  あゝ 青色会に使命あり

二、くらしを守る 躍進の
  われらに豊(ゆた)かな 明日(あす)がある
  自計(じけい)の指導を 広めつつ
  伸びゆく企業に 合理化と
  繁栄(はんえい)の花 咲かすもの
  あゝ 青色会に誇りあり

三、心を結ぶ 団結の
  われらにくじけぬ 意志(いし)がある
  輝やく理想を 掲(かか)げつつ
  福祉を進め 日本(にっぽん)の
  果(は)てなき栄え 築きゆく
  あゝ 青色会に 光りあり

[カテゴリ:女性部, 各会の取組み][2018年2・3月号 10ページ掲載記事]