4月号

青色申告制度とは[2014年4月号]

青色申告制度とは、毎日の取引を所定の帳簿に記録し、所得金額や税額を計算して申告・納税する制度です。日々の記帳にもとづいて正しい申告をすることにより、税制面で様々な特典が受けられます。
現在では、500万人を超える個人事業者が青色申告をしています。
日常取引を帳簿に記録することで、企業経営の状況を正確に把握できるようになり、経営の合理化や財政状況の把握はもちろんのこと、融資を受ける際にも強みとなります。

青色申告の特典

青色申告には、有効に活用することで税制上の特典が数多くあります。なかには、事前の届出や記帳方法など適用要件を満たすことが求められる特典もあります。
たとえば、65万円の青色申告特別控除を適用するためには、「正規の簿記の原則(一般的には複式簿記)」に従い記帳するなどの要件を満たす必要があります。
事前に各特典の要件等を確認し、適正な申告をおこないましょう。
青色申告の主な特典
・青色申告特別控除65万円または10万円の適用
・青色事業専従者給与の必要経費算入
・貸倒引当金の設定
・純損失の繰越しと繰戻し
・少額減価償却資産の取得価額の必要経費算入
[カテゴリ:青色申告制度][2014年4月号 6ページ掲載記事]